acasスタッフブログ
加藤 秀一 Syuichi Kato

町家

2016.02.16

加藤です。

 

写真は、私が住んでいる高槻の町家の一つです。

高槻は昔、宿場町、城下町として栄えていたので、

古い家屋、町家が多く現存しています。

旧西国街道を京都方面へ行くと、町家が建ち並び、

江戸時代に来たかのような錯覚に陥ります。

 

大阪市もそうですが、町家等が現存する地域全体を

補助金を使って、修景していく事業が展開されています。

また、民間では町家をリノベーション、リニューアルして

再生を図っています。

 

寒村地域へ若い人たちが入植し、町の活性化を促しているように

古いものへの再発見、気づきが日本各地で興っているようです。

とても良いものだと思います。

 

しかし、古いもの全てに価値があるとは限らないと思います。

そこに価値を見出すのは、その価値がほんとにわかる人だと思います。

そして、それに共感する人たちだと思います。

その価値がどれほどのものなのかを周知させるのが、

我々の仕事でもあると思います。

 

 

Profileプロフィール

加藤 秀一
ちぐはぐな関西弁を駆使しながらなんとか周りに溶け込もうと努力しています。興味ある事柄を書き記しながら、オチの無い話しを展開していきます。

Recent Posts最新記事

Categoryカテゴリー

Archives過去の記事

acas 社長ブログ
ページトップへ