acasスタッフブログ
加藤 秀一 Syuichi Kato

建築と映画

2021.02.10

先日、映画『ル・コルビジェとアイリーン 追憶のヴィラ』を鑑賞しました。

家具デザイナーとしてアイリーン・グレイのデザインに対する情熱、作品への深い愛情をすることができた映画です。映画の中では、コルビジェとの対立が描かれていますが、お互いに尊敬しているからこそ、生まれてくるものだと感じました。

今まで、コルビジェという人物は、寡黙で理路整然と建築を語る人間というイメージでしたが、この映画を見てからは、映画上の演出もあるとは思いますが、コルビジェも一人の人間であり、男性なんだと安心に似た親近感みたいなものを感じました。

建築にまつわる映画は色々あります。その中でも今回の作品は秀逸だと思います。世界的に有名な建築家と著名な家具デザイナーとの 対立。そのデザイナーの才能に嫉妬する建築家。 男性社会という古い体制に 一人のプロとして立場を明確にするアイリーンの姿勢。生涯を通してデザイナーと愛を貫いたアイリーン・グレイの作品は賞賛されて当然だと感じました。

コロナ禍のなか、不要不急の外出を控えるなかで、映画を通して建築を知ることは、建築作品だけではなく、作者の人間性も深く知ることができる良い機会だと思います。また、映像では空間を感じることは出来ませんが、実際では見ることができないアングルや、色彩を見せてくれます。

今回鑑賞した作品は建築家コルビジェとアイリーン・グレイの内面を描いたドラマでしたが、 同じ監督が作ったドキュメンタリー映画として『アイリーン・グレイ 孤高のデザイナー』があります。良い機会なので、次回はこちらを鑑賞したいと思います。

Profileプロフィール

加藤 秀一
ちぐはぐな関西弁を駆使しながらなんとか周りに溶け込もうと努力しています。興味ある事柄を書き記しながら、オチの無い話しを展開していきます。

Recent Posts最新記事

Categoryカテゴリー

Archives過去の記事

acas 社長ブログ
ページトップへ