acasスタッフブログ
加藤 秀一 Syuichi Kato

建築材料を知る

2021.11.26

先日、外構材料メーカーであるユニソンが開催する建築家 竹原義二氏の講演会に行ってまいりました。

講演会場は、竹原氏が手掛けたユニソン大阪事務所でしたので、竹原氏自身で解説していただき、

設計コンセプトや施工中の話など建築に対する思いを聞くことが出来ました。

特に、建築材料に対する竹原氏の熱い情熱を直接聞けたことが、一番の勉強になりました。

沢山の付箋が貼られたユニソンのカタログを手にしながら、”カタログにある材料を全て使ってやりたい。”

と説明されているのが印象的でした。また、外構材料だけでなく、構造材についても一辺倒の使い方ではなく、

デザインと構造をバランスよく使いこなす。沢山の模型を作り、モックアップで確認しながら形作ることを熱く説明

されている様子をみて、私自身もっと建築を楽しまないといけないなと、再認識させていただきました。

建築材料を使用する際、その材料の特性を知り、色や形を見極め、バランス配置していく使い方はとても勉強になりました。

また、本来とは違う使い方をするなど、材料がもつポテンシャルを、とてもうまく引き出しているのを見て、今後の参考にしようと思いました。

竹原氏は今年73歳になるそうですが、建築設計に対して今が一番楽しいと仰っていたのが印象的でした。

最近、「生涯現役」という前向きな言葉を聞く機会がありました。

私自身、竹原氏のように生涯現役で建築を楽しんでいきたいと強く思いました。

Profileプロフィール

加藤 秀一
ちぐはぐな関西弁を駆使しながらなんとか周りに溶け込もうと努力しています。興味ある事柄を書き記しながら、オチの無い話しを展開していきます。

Recent Posts最新記事

Categoryカテゴリー

Archives過去の記事

acas 社長ブログ
ページトップへ