acasスタッフブログ
杉谷 Yutaka Sugitani

環境や暮らしに優しさを

2022.07.15

アクアスでは、快適な居住空間と省エネを実現するため、環境配慮の新基準「ZEH-M(ゼッチ・マンション)」に適合する住まいづくりを積極的に推進しています。

現在進行中の大阪市内の賃貸マンションでも、「ZEH-M Oriented」に対応した住まいを提案しました。現在、基本設計が完了し、これから実施設計に着手する段階まで来ました。

ZEH – Mでは、断熱性の高い室内に加え、省エネ効率の高い照明や冷暖房機器、給湯機器を採用することによって消費エネルギーを抑え、太陽光発電設備によって電力を発電します。そのため、入居される方はぐっと光熱費が抑えられることになります。

快適な住宅に住みながら生活費が抑えられるというのは大きな魅力だと思います。

災害時に停電が起きた際も、ZEH ならマンション内で発電した電気を使うことができたりもするので、従来のマンションよりも防災面での安心感は高まります。

ZEH の基準には、断熱性と気密性の確保が必須となっています。外気と室内の空気が高度に遮断される仕様になっているので、夏の冷房効率もよくなり、冬の温かい空気が維持されるので、常に快適な温度の室内で過ごすことができます。また、部屋によって温度差も小さくなるので、冬場に心配されるヒートショック対策にもなります。高齢者のいる家庭などには、特に嬉しい環境になります。

ZEH基準を満たすマンションは、居住性もよく、光熱費の削減といったメリットもあることから、資産価値が高くなる可能性が高いといえます。マンション購入時に資産価値が高いほうがよいという方は注目しておかれるべきだと思います。

ZEH申請は、期限が決められています。期限内に導入を検討の方は、まずはご相談下さい。

具体的に、どうすればいいかがわからない方、できる限り、丁寧に説明させていただきます。

ZEHに関する相談はこちらまで→→06-6206-0231 

いつでもご連絡ください!

Profileプロフィール

執行役員/プロデューサー 杉谷 泰
ブログを通じ、多くの方に弊社の業務や個々の日常を知っていただければと思います。生まれは広島、人生の約半分を大阪でお世話になりながら現在に至ります。

Recent Posts最新記事

Categoryカテゴリー

Archives過去の記事

acas 社長ブログ
ページトップへ