acas社長 大浦昌尚ブログ

謙虚にして驕らずすぎでしょ

2015.08.04

京都の庭師集団
植彌加藤造園さんに
お邪魔してきました

Img_2329

 

Img_2330

お約束の時間の少し前に
到着すると
社員の方が
もうすでに外で待って
くださっています
この炎天下のなかでずっとです
Img_2331

打ち水を打ってくださっているあたりが 流石です

このようなおもてなしの心が ありがたいです

3階の会議室には 立派な資料を

たくさん用意して くださってあり

その中には団扇と日本手ぬぐい もあります

この日本手ぬぐいのデザインが

また粋でかっこいいんです

さてお話をお伺いすると

「なにもやっていない」

「なにもできていない」 と何度も仰います

「庭の勉強会をしている程度」 と仰います

そんなはずはないと

これだけの素晴らしい経営をされ

なにより職人さんの立ち居振る舞いから

なにもしていないはずがない

あぁなるほど

日本庭園の神髄は

見た目の美しさではなく 調和、

心すなわち哲学なんだ

だからそれを極めれば

人間性も磨かれる

人間性が磨かれるから

素晴らしいお庭ができる

なるほど

と納得をしていた

しかし 7年前に発表されたときの

冊子を読んでみると

やっぱり真剣に稲盛哲学を学ばれ

実践されている

そりゃそうだろう

謙遜してはるんや

そうでなければ

星野リゾートやアリババなど

驚くようなところからの

仕事は来ないはず

いや待てよ

そうか

加藤社長にとっては

まだまだなにもやっていないし

まだまだなにもできていないのだ

「謙虚にして驕らずさらに努力を」

なのだ

Fullsizerender

その上彌加藤造園の加藤社長が
9月19日(土)に
盛和塾〈大阪〉建設・不動産部会で
ご発表くださる
建設不動産業に限らず
全ての人の学びになると思う
ぜひご参加ください

大浦昌尚
株式会社アクアス

代表取締役
大浦昌尚 Masanao Ohura

大和の国に生を受け、とても明るい家族と周りの人と自然に育てられ、まじめで正義感が強いのは父譲り、面白く発想が豊かなのは母譲り、棟梁と指物師の両祖父の血を引き迷うことなく今の仕事に。 多くの人に助けていただき育てていただいた半生。これからご恩返しです。
ページトップへ