acas社長 大浦昌尚ブログ

卒業

2022.03.31

3月24日に摩耶シティSTATION BLOOMの125戸を

無事お引渡しさせていただき

15年間にわたる事業を完了させていただくことができました。

《摩耶シティSTATION BLOOMを東より望む》

 

15年前に全長1,000mの敷地に新駅を含む全7棟のマンションを計画させていただき

コンペで採択いただいてプロジェクトがスタートしました。

《摩耶シティ全景》

 

「東灘信号跡地」と呼ばれていた鉄道敷き跡地に新駅をつくり

その周りにマンションを建設し街を創るという計画です。

 

長く空き地であったその土地はフェンスで囲われ雑草が生え茂り

日中は休憩する営業車が多数並んでいて

フェンスの中にゴミが投げ入れられているような殺風景な状態でした。

 

鉄道に沿った細長い形の敷地に周りへの景観にも配慮しながら

どうすれば住む人だけでなく街の人にも電車の車窓から外を眺める人にも

喜んでいただける

街づくりができるのかを不動産会社と施工者とその他の多くの方々と

一緒に知恵と技を出し合いながら1棟1棟丁寧につくり続けてきました。

 

《摩耶駅よりG街区を望む》

新駅摩耶駅が出来て

スーパーが出来て

病院が出来て

殺風景だった風景は734世帯と街の人の笑顔であふれる

にぎわいある潤った街になりました。

 

竣工引渡し式を終えふと青空を見上げたときに

安堵感と共に寂しい気持ちが込み上げてきました。

卒業式の時の感覚です。

さみしいのにうれしいあの何とも言えない感覚です。

 

駅に向かう歩道でベビーカーを押した親子とすれ違いました。

スーパーはお客様でにぎわっています。

 

私たちの15年間は終わりますが

ここに住まう方々は何十年と続く新たな始まりです。

 

私たちの仕事の目的意義を改めて実感させていただくことができました。

関わってくださった多くの方々に心から感謝いたします。

 

2013年E街区建設中
大浦昌尚
株式会社アクアス

代表取締役
大浦昌尚 Masanao Ohura

大和の国に生を受け、とても明るい家族と周りの人と自然に育てられ、まじめで正義感が強いのは父譲り、面白く発想が豊かなのは母譲り、棟梁と指物師の両祖父の血を引き迷うことなく今の仕事に。 多くの人に助けていただき育てていただいた半生。これからご恩返しです。
ページトップへ