acasスタッフブログ
加藤 秀一 Syuichi Kato

ヴィンテージマンション

2016.01.19

加藤です。

 

最近よく耳にする言葉です。

古くても価値があるマンション。

価値があり続けるマンション。

40、50年そして100年以上価値があり続けるマンション。

もしかしたら、マンションという形ではなくなっているかもしれない。

しかし、そこに建ち続ける建築として人々と関わりあっている。

そういったマンションがヴィンテージマンションなのかもしれません。

 

見落としている価値、気が付かない価値を再生し、際立たせる。

我々の仕事はそこに向かうべきかもしれません。

先人たちの知恵を発見するかもしれませんし、そこに今の技術と

融合することで新しいものが生まれるかもしれません。

 

生活様式やデザインなどは過去のものが見直され、流行り出すことが

いくらでもあります。

しかし、少しずつその時代に合ったものになっています。

時代を経ることで磨きがかかる。

価値というものはそういものです。

 

価値あるものを造り続けていきたいと、切に思います。

Profileプロフィール

加藤 秀一
ちぐはぐな関西弁を駆使しながらなんとか周りに溶け込もうと努力しています。興味ある事柄を書き記しながら、オチの無い話しを展開していきます。

Recent Posts最新記事

Categoryカテゴリー

Archives過去の記事

acas 社長ブログ
ページトップへ