acasスタッフブログ
加藤 秀一 Syuichi Kato

LV大阪御堂筋店

2020.07.23

先日、ルイヴィトン大阪御堂筋店を見に行く機会がありました。

竣工して少し時間が経っていますが、良いものを見に行くことは、日常業務に

良い刺激を与えてくれるはずです。

とても軽やかです。

シンプルでいて、人の目を引き付けるデザインは秀逸です。

隣のPRADAの外観も気になります。

キャンバス地のようにも見える外観は、ファブリックガラスのようです。

外装は、鋼板製のパネルのようです。

次に来るときは内装も見たいと思います。

ヴィトンを見た帰りに、梅田でホテルヴィスキオ大阪に立ち寄りました。

昨年の大阪まちなみ賞建築サイン・アート賞を受賞しています。

一見、ホテルには見えない外観です。

エントランスのデザイン壁です。

ワイヤーメッシュを組み合わせたシンプルなデザインです。

ロビーもいたってシンプルです。

天窓が設けられているので、とても明るく、清潔感のある空間です。

自分自身、気になる建築があれば積極的に見に行こうと改めて感じました。
自分の目で見た建築の外観および空間から感じる印象、気づきはこれから自分自身が設計するものに影響を与えると思います。自分が見て良いと思うものは、 他の人から見ても良いとは限りません。
だた、何も見なければ、何も生まれません。
学生の頃から良いものを見なさいと教えられてきました。 我々のようにクリエイティブな仕事をしていると、良いものを見ている人に多く出会います。

人々に感動を与える建築を目指すためにも、より多くの”良いもの”を見ていきます。

Profileプロフィール

加藤 秀一
ちぐはぐな関西弁を駆使しながらなんとか周りに溶け込もうと努力しています。興味ある事柄を書き記しながら、オチの無い話しを展開していきます。

Recent Posts最新記事

Categoryカテゴリー

Archives過去の記事

acas 社長ブログ
ページトップへ