acasスタッフブログ
遠原 一聖 Kazumasa Tohara

令和3年度高層ZEH -M支援事業交付決定!

2021.08.28

前回ブログでご紹介させていただいた、私が設計を担当させていただいている大阪市北区の 大規模賃貸マンションが、 令和3年度高層ZEH -M支援事業の交付が決定されました!

 

今年度、高層ZEH-M支援事業においては、 全国33件の応募があったようです。

 

学識経験者を含む関係有識者で構成される審査委員会に諮り、地域のバランスも考慮した

採択枠ごとの公募状況や、年間一次エネルギー消費削減率等を考慮して、採択事業を

審査した結果、補助事業17件について交付決定が行われました。

 

応募数33件に対し、17件といった約50%の補助事業決定数ですが、

断熱性能をはじめ、環境配慮の観点から本計画が採択されました。

 

今年度の補助事業決定数17件の内、

分譲マンションが10件、賃貸マンションが7件といった割合でした。

大阪市内の賃貸住宅としては、本計画のみが採択されております。

 

昨年度までは、分譲マンションの方が割合を大きく占めていたと思うのですが、

今年度に至っては17件の内、7件も採択されていました。

昨今の省エネに関する取り組み・考え方が、着実に発展してきているのだと思います。

 

これまでは設計という視点からZEHに関することを掲載させていただきましたが、

これからは、監理という立場で掲載したいと思います。

高性能断熱材・高効率照明・高効率給湯・高効率空調等の管理方法や、

補助事業としての報告方法など、随時掲載させていただきます。

 

来年度からもZEH-M補助事業はあると思いますので、

その際は是非アクアスにお声がけください。

Profileプロフィール

遠原 一聖
大阪生まれで大阪育ち。時間のある週末は銭湯に通っています。 公私に関わらず建築やデザイン、自分の感じたことを中心にアップしていきます。

Recent Posts最新記事

Categoryカテゴリー

Archives過去の記事

acas 社長ブログ
ページトップへ