acasスタッフブログ
遠原 一聖 Kazumasa Tohara

高層ZEH-M支援事業

2021.07.02

 

私が設計担当させていただいている、大阪市北区の大規模賃貸マンションは、

高層ZEH-M支援事業に取り組んでおります。

 

つい先日、本年度事業の採択に向けて申請いたしました。

 

ZEHとは、外皮の断熱性能の大幅な向上と、高効率設備・システムの導入により、

室内環境の質を維持しつつ、大幅な省エネを実現します。

その上で、再エネを導入して、年間の一次エネルギーの収支をゼロとすることを

目的とした住宅です。

 

 

外皮の断熱性能は、断熱材とアルミ樹脂複合サッシなどのハイブリッドサッシで

向上を図ります。

 

高効率設備は、高効率空調と呼ばれる省エネエアコンや、高効率照明のLED

(ダウンライト)、高効率給湯器、省エネ換気設備等のことを指します。

 

これらすべてが補助対象で、導入すれば補助金の支援があり、事業主、居住者に

とっても大きくメリットのある取り組みです。

 

 

 

賃貸マンションでのZEH仕様の事例は少なく、弊社でも初の試みとなります。

省エネ住宅とすることで、居住者の方の健康も守る設計を、アクアスは心がけています。

 

ZEH-M支援事業、ZEHデベロッパー登録申請については、是非アクアスまで

お声掛けください。

 

Profileプロフィール

遠原 一聖
大阪生まれで大阪育ち。時間のある週末は銭湯に通っています。 公私に関わらず建築やデザイン、自分の感じたことを中心にアップしていきます。

Recent Posts最新記事

Categoryカテゴリー

Archives過去の記事

acas 社長ブログ
ページトップへ