acasスタッフブログ
比土平 雅彦 Masahiko Hidohira

Y様邸新築工事 焼杉

2021.07.12

こちらの外壁には、焼杉板を採用しています。


大阪市内では特に、なかなか目にすることも少ないのではないでしょうか。

焼杉とは、文字通り杉を焼いたものですが、どんな特徴を持つ素材なのかご存じですか?

杉を焼き焦がすと、表面に炭化層がつくられます。

表層が炭化すると、火が回りにくくなり、延焼防止にも役立ちます。

また、炭化層は虫や腐食を防ぎ、外壁材の耐久性もアップします。
焼杉は天然素材なので、「○○年保証」なんて無いのですが、修繕サイクルが15~20年である新建材に比べると、メンテナンスフリーとも言われているほどなので、ずいぶん長持ちしそうです。

さらに、木自体が金属に比べると、熱伝導率も低い(ステンレンスに比べて1/200以下)ので、断熱性も優れています。

省エネルギーの観点からも、良い素材だと言えますね。

そして天然素材がゆえに、経年変化します。

焼杉に触れたところは黒くなります。

これらについての感じ方はいろいろあるでしょうが、私は風情があっていいなあと思います。

早いもので、来月引渡しです。

そろそろ、外構工事が始まります。

Profileプロフィール

チーフデザイナー 比土平 雅彦
カレーづくりが趣味なので、そんな事が多くなるかもしれません。数種のスパイスをテキトーに調合し、キーマカレーやチキンカレーをつくっては喜んでいます。

Recent Posts最新記事

Categoryカテゴリー

Archives過去の記事

acas 社長ブログ
ページトップへ